脳梗塞などの疾病対策は医療機関で行える|医療機関を選ぼう!

男性

横浜市の総合病院

看護師

総合病院のメリット

横浜市は約370万人の人口を擁する東京に次ぐ大都市である。市内の都筑区などには最先端の治療が受けられる総合病院があり、横浜市民の健康を支えている。都筑区の総合病院には内科や外科などの多数の診療科目があり、様々な病気を治療することができる。都筑区の総合病院に通うことのメリットは、最先端の医療機器を使った専門的な治療が受けられることである。都筑区の総合病院には、消化器内科や循環器内科、呼吸器内科などの細分化された診療科目があり、それぞれの診療科目で専門的な治療を受けることができる。胃痛や下痢などの症状がある場合には、都筑区の総合病院の消化器内科を受診すると、消化器系統の最先端の治療が受けられる。咳が出たり喉が痛い時には、呼吸器内科を受診すると、呼吸器系の専門医が診察をしてくれる。

横浜の総合病院の豆知識

横浜市都筑区の総合病院には、メタボリックシンドローム外来がある。メタボリックシンドローム外来では、肥満症の治療を行っており、肥満が原因の病気の内科的治療や、ダイエットの指導などを行っている。メタボリックシンドローム外来では、エコー検査による体脂肪率の測定や体重測定が行われ、現状の肥満度が判明する。検査の結果に基づいて栄養指導が行われ、医師や管理栄養士から食生活の改善のプランなどの説明を受ける。ひどい肥満症であると診断された時には、ダイエット点滴やダイエット薬の処方が行われ、薬物療法による肥満症の治療が実施される。医師の指導に従って食生活を改善すると、栄養学に基づく科学的な方法でダイエットをすることが可能になる。

Copyright© 2015 脳梗塞などの疾病対策は医療機関で行える|医療機関を選ぼう!All Rights Reserved.