脳梗塞などの疾病対策は医療機関で行える|医療機関を選ぼう!

男性

横浜市の総合病院

看護師

横浜市都筑区の総合病院には、呼吸器内科や消化器内科などの診療科目があり、専門的な治療を受けることができる。メタボリックシンドローム外来がある総合病院では、医師の指導によるダイエットをすることが可能である。

この記事を読む

血栓ができない血管づくり

医者

動脈硬化にならないように

脳梗塞は脳疾患の中で最近多くなってきている病気の一つになっています。今までは脳内の血管から出血してしまう脳出血が多かったのですが、最近は食生活の洋風化や、高コレステロールの摂取等で脳梗塞が多くなってきている現状です。脳梗塞は血管の中で血栓が詰まってしまう病気で、この血栓ができる原因には動脈硬化が挙げられています。脂肪や高コレステロールの大量の摂取により動脈の弾力性が失われてしまい動脈の伸縮ができにくくなって血栓ができるとされています。血栓ができにくくなる生活や食生活が大切で、血圧の管理も重要なことになってきます。きれいな血管に血栓ができていないサラサラの血液を脳内に送ることが大変に大切なことになります。

偶然に見つかる

最近は体に症状が出なくても脳内の毛細血管が詰まって小範囲で脳梗塞がおこっている隠れ脳梗塞も多くなっています。これは脳内にある毛細血管が詰まっておこってしまう梗塞のことで、体に症状が出ないことから知らないうちに発症してしまっていることが多く、たまたま受けた脳ドックなどで見つかることも多くなっています。このような小さい脳梗塞でも見つかれば自分は梗塞がおこる体質だと受け止め、十分な注意が必要になってきます。隠れ脳梗塞を持っている人が大きな脳梗塞を発症する確率は高く、十分な注意が必要になってくるばかりではなく生活の改善や食生活の改善も必要になってきます。また血栓ができる原因に心臓の不整脈による場合もあります。

生活に大切な情報

病院

私たちは自分の知識だけでは視野が狭くなる傾向になるとして、人の口コミを聞くというのが大事であります。 生活になくてはならない場所である病院を選ぶ際にも、口コミはとても役に立つ情報入手の手段と言えるわけです。

この記事を読む

病院選びの時に考えること

子供

子供は活発ではありますが大人に比べ免疫力が低いため、風邪や熱を引き起こしてしまいます。それを治すために小児科に行かれたりしますが、利用にあたっては小児科を選ぶ必要があり、伊丹は小児科がたくさんあるため、選択出来ます。

この記事を読む

Copyright© 2015 脳梗塞などの疾病対策は医療機関で行える|医療機関を選ぼう!All Rights Reserved.